ニコチンガム
Google

ニコチンガムはニコチンが含まれたガムである。スウェーデン海軍潜水艦乗組員の航海中の禁煙による離脱症状に対処すべく、1967年にオベ・フェルノにより考案された。服用方法は噛みタバコとは異なり、柔らかくなるまで噛んだ後に頬と歯茎の間に挿み、粘膜経由でニコチンを摂取する。これを噛むとニコチンの禁断症状を一時的に抑えられる。
依存物質のニコチンを摂取しているという面ではタバコと同じではあるが、タバコのタールによる健康被害を防げるというメリットがある。皮膚に貼りニコチンを摂取するパッチタイプもある。禁煙治療にも用いられており、この場合は徐々に摂取量を減らす事でニコチン依存症を解消して完全禁煙を達成する。
日本では、2001年9月より、一般用禁煙補助剤として認可され、ジョンソン・エンド・ジョンソンが「ニコレット」の商品名でニコチンガムの製造販売を行っており、薬局などでの購入が可能となっている。
ノバルティスファーマは、「ニコチネルTTS」の商品名でニコチンパッチの製造販売を行っている。購入には医療機関の処方箋が必要である。2008年5月より薬局での購入が可能となった。薬局で購入できるものは「ニコチネルパッチ10」「ニコチネルパッチ20」といい「ニコチネルTTS」と一部使用法が異なる。
ファイザーは、「チャンピックス」の商品名で経口薬を販売している。この経口薬には、ニコチンは含まれていない。薬の有効成分がニコチン受容体に結合し、タバコに由来するニコチンが受容体に結合することを妨げる。それにより喫煙から得られる満足感を抑制する。
日本における、保険を適応した禁煙治療に関しては禁煙外来も参考のこと (ウィキぺディアから参照しています)
ニコチンガムだとニコチンを摂取してしまうので禁煙が難しいですが電子タバコスーパーシガレットなら無理なく禁煙ができます♪

Yahoo! JAPAN